気をつけて!紫外線を浴びると活性酸素が増える!?

紫外線の強い時季は、活性酸素にご注意を!

d0749a71d946d1f81ff6b7f5367bf999_s活性酸素という言葉をよく耳にしますね。体内で活性酸素が増加する原因はたくさんありますが、その中でもこの時季に注意したいのが、”紫外線を大量に浴びること”。

紫外線を大量に浴びてしまうと、通常の呼吸の何倍もの活性酸素が発生するそうなので、注意しておきましょう!

活性酸素で起こる肌トラブル

31694b7c9d0cb9e8706ee5bb50096433_s

①シミ

紫外線を浴びると、肌を守ろうとしてたくさんの活性酸素が生成され、活性酸素が肌を酸化させてしまいます。

そこで登場するのが、シミの原因となるメラニン。実は、メラニンは酸化から細胞を守るために分泌されます。メラニン色素が活性酸素から受けるダメージの身代わりとなり、自分自身が酸化することで、肌を守ってくれています。

健康の状態の肌は、ターンオーバー(肌の生まれ変わり)に合わせて、このメラニン色素を排出できるのですが、年齢を重ね、ターンオーバーのサイクルが乱れてくると、メラニン色素がうまく排出されず、肌の中に留まってしまいます。これがシミの原因となります。

紫外線を浴びる→活性酸素が大量に生成される→細胞の酸化を守るためにメラニンを分泌→正常にメラニンを排出できず→シミという流れですね。

シミを防ぐためには、この紫外線から肌を守ることが必要になります。

②シワ

紫外線を大量に浴びると、活性酸素が大量に生成され、肌の酸化が進みます。ダメージを受けた肌は、ハリや弾力、潤いを失います。これは、コラーゲンやエラスチンなど、肌の構造支えるものが酸化してしまうためです。

これにより、乾燥による小じわやさらには深いシワへとつながります。

食生活で活性酸素を撃退!

cropped-fe5c3e3eafe2f13356eb9af86c7d681f_s.jpg紫外線対策を徹底していても、どうしても日焼けをしてしまうときがありますね。そんなときは、身体の中から活性酸素ケアをしてあげましょう!

抗酸化効果があるといわれる栄養素と食べ物

  • ビタミンC:キウイやイチゴ、トマト
  • ビタミンE:ナッツ類、大豆など
  • カテキン:緑茶
  • βカロチン:ニンジン、ピーマン、カボチャなど
  • リコピン:トマト
  • セサミン:ゴマ
  • ポリフェノール:赤ワイン、ブルーベリー、リンゴなど

その他の対策

紫外線を浴びる以外にも、活性酸素を大量に生成してしまう原因があります。

例えば・・・、

  • 激しいスポーツ
  • タバコ
  • 体内に病原菌が侵入したとき
  • 食品添加物や洗剤、農薬などの化学物質が入ってきたとき
  • ストレス

これらのことに気をつけ、ストレスをためない生活を心がけるようにしましょう!

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA