曇りの日・雨の日でも紫外線対策は必要?

雨にも負けず、雲にも負けず、紫外線はやってくる!!

fbfd49761b0b8da30a4e6e4c24be6746_s

晴れの日は、紫外線対策はバッチリ!という方も案外曇りの日は、ゆるめの対策になりがち。でも紫外線は曇りの日も雨の日も要注意!!曇りの日のほうが晴れの日より紫外線が強いなんてこともたまに耳にしますね。

今日は、雨の日や曇りの紫外線がどれくらい強いのかお教えします。

曇りの場合は、約60%。うす曇りの場合は約80~90%!!紫外線を通します!

2e8ac716e5a67106227f8ec3c2fe4896_s

快晴の時に比べると、うす曇りの場合は約80~90%、くもりの場合は約60%、雨の場合は約30%の量になります。しかし、雲の間から太陽が出ている場合には、雲からの散乱光が加わるため快晴の時よりも多い紫外線が観測されることがあります。

出典:気象庁・紫外線に関する質問より(http://www.data.jma.go.jp/gmd/env/uvhp/uv_a03.html)

気象庁の紫外線に関する情報によると、曇りのときも雨の時も紫外線が降り注いでいます。さらに、雲の間から太陽が出ている場合は、快晴の時よりも多く紫外線が観測されることも!!

雨の日も、午後から晴れると、雲の間から日が射すことがありますね。一日中大雨のときは、さすがに紫外線対策はそこまでしなくて大丈夫そうですが、弱雨の場合や、日中の天気がころころと変わるときは要注意!!

そんなときにおすすめの紫外線対策アイテム:晴雨兼用傘

d0749a71d946d1f81ff6b7f5367bf999_s突然雨が降ってきた時も、突然日が射してきた時も、どちらでも使える晴雨兼用傘をひとつ持っておくととても便利ですね。お値段はピンきりなのですきなものを選ぶようにするとよいでしょう。

基本の紫外線対策もお忘れなく

雨の日も曇りの日も、紫外線はやってきます。天候に関係なく紫外線が強い時期はUVクリームを塗るようにしましょう!汗のかきやすいときや雨などで濡れてしまったときは要注意。こまめに塗りなおすようにするといいですよ。

また、紫外線ダメージから回復するには、保湿が大切!保湿ケアは1年中行うスキンケアの基本ケア!皮脂や汗の潤い感に騙されず、化粧水や乳液、クリームなどでしっかりと保湿ケアを行いましょう!

夏は皮脂分泌が多くクリームはちょっと・・・という方は、使用する量を調節するようにしましょう!化粧水や美容液をたっぷり目につけて、クリームをほんの少し、手の平に伸ばしてから、お顔全体に。自分に適切な量を季節に合わせて見つけられるといいですね。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA