お肌のゴールデンタイムは嘘?入眠後3時間が美肌の要だった!

ぐっすり眠れていますか?

8635ec3a52a973fd386d51894647f4a1_s

午後10時から午前2時までに睡眠とらないとお肌によくないと聞いたことはありませんか?

お肌のゴールデンタイムとも呼ばれる午後10時~午前2時ですが、現在は医療分野を中心のその信ぴょう性を疑われているそうです。

その代わりに大切なのが、入眠後の3時間!成長ホルモンは入眠後、脳が深い眠りにつくと分泌されるため、脳が深い眠りにつく、入眠後3時間が大切なんだそうです。

もちろん、午後10時~午前2時の間を大切にし、規則正しい生活を送ることは美肌にもつながり、入眠後の3時間が確保されるため、まちがった説でもないようです。

ただ、その時間を過ぎたからと言って、焦らなくてもよいと言うことですね。

睡眠不足から起こる不調

15e2b5e88a100fc06de3317ecb1a22da_s

睡眠不足からくる身体の不調は、肌トラブルだけにとどまらず、さまざまなものがあります。免疫機能の低下・集中力や判断力の低下・血圧の上昇・食欲の増加・心疾患リスクの増加・自律神経の乱れ・・・など多くの不調の原因となることも。

さらに、最近の研究では睡眠不足が肥満につながることも分かってきたそうです。

睡眠不足になると、食欲を抑えるホルモンが分泌されにくくなり、睡眠不足のダメージから身体を守るために”エネルギーを摂れ”という指令が出てしまうそうです。

確かに、徹夜明けや睡眠時間が少ないとき、食欲がやけに多い気がします。

入眠後3時間に多く分泌される成長ホルモンとは?

3845ca83bede79c6e657449cbfe7cb05_s

成長ホルモンは、【成長期の骨と筋肉の成長を促す】・【疲労回復】・【細胞の生まれ変わりを促進する】役割があると言われています。

昔から寝る子は育つといいますが、これは成長ホルモンのおかげと言えそうですね。

成長ホルモンが多く分泌されることで、心身のバランスを取り疲労を回復させ、また細胞の代謝を促進することから美肌への効果が期待できます。

入眠後3時間の睡眠の質を高める方法

入眠後3時間の睡眠の質を高めることで、成長ホルモンの分泌をサポートする方法をご紹介したいと思います。

就寝1時間前には間接照明で!

睡眠リズムを安定させるホルモンは、光の刺激によって分泌されにくくなります。そのため、寝る前に蛍光灯の青白い光やスマホやパソコンのスクリーン照明に当たると睡眠を妨げることにつながります。

寝る1時間前には間接照明などを利用し、部屋の明るさを調整しましょう。蛍光灯や青白い光にはとくに要注意。テレビやスマホ、パソコンのスクリーンの明るさにも注意し、できるかぎり暗くするとよいでしょう。

睡眠の際は、真っ暗な部屋よりも月明り程度の明るさがある方が◎

快適な寝室でゆったりと時間をすごしましょう。

睡眠アロマやハーブティーですっきり!

379749e6ab4993183f540020458dee8f_s

 

ラベンダーやネロリ、カモミールは安眠におすすめなアロマです。就寝前に部屋の香りを安眠アロマの香り満たしておくとよいでしょう。ただし、あくまで自分が好きだと感じられるにおいでなければいけません。

また、就寝中は火気を必要としないアロマデュフューザーなどを利用するようにしましょう。

アロマのほかに、カモミールティーなどのハーブティーもおすすめです。
安眠効果の高いドリンクで心と身体を穏やかにしながら、ゆったりと過ごしましょう。

規則正しい生活を送る!

睡眠リズムを安定させるためには、規則正しい生活リズムが必要不可欠です。休みの日も平日と同じくらいの時間に起きるようにすることが大切です。

食事も寝る前の3時間前には終わらせておくのが理想。睡眠により消化機能が低下するため、食後の睡眠では消化がうまく行われないことも。朝、胃の調子があまり良くない方は、前日の夕食の時間に注意してみましょう。